MENU

白髪を抜くと増えるというのはウソ

30代女性用育毛剤

白髪というものは、メラニン色素をつくり働きが衰えることによって発生します。

 

メラニン色素が配給されなくなれば、髪の毛には色がつかないので白いまま生えてくるというメカニズムになっています。

 

メラニン色素には黒色メラニンと呼ばれるユーメラニンと、黄色メラニンと呼ばれるフェオメラニンの2種類が存在しています。
この2つのメラニンの組み合わせによって、様々な髪の毛の色が作られているのです。

  • ユーメラニンが多ければ髪の毛の色は暗くなります。
  • フェオメラニンが多ければ髪の毛の色は明るくなります。

ですから日本人の場合はユーメラニンが多い人が大半であると言えるでしょう。

 

白髪はこのいずれのメラニンも含まない髪の毛の状態のことです。

 

髪の毛は出来上がった瞬間は実は白いものなのです。

 

髪の毛が作られていく過程でメラニン色素が混ざっていくため、髪の毛に色がついて生えてくるという仕組みになりますので、白髪は混ざるべきはずだったメラニン色素が足りないことによって引き起こる現象ということが言えるのです。

 

メラニン色素はメラニサイトという細胞で作られており、髪の毛の場合はメラノサイトは毛根の下の部分に存在しています。

 

メラノサイトがあればメラニン色素が作成されるわけではないのです。

 

メラニン色素を作る為には、チロシナーゼという酵素が必要なのです。
何らかの理由によってチロシナーゼという酵素が働かず、メラニン色素が十分に作られない状態になると、髪の毛に色をつけることが出来なくなってしまうのです。
こうして白髪が発生するのです。

 

白髪になる原因の一番大きなものは老化

加齢によって毛根部のチロシナーゼの量が減って機能が低下し、メラニン色素を十分に作ることが出来なくなります。若くても栄養が足りていなかったり、生活習慣が乱れていたすると白髪は生えます。または病気で白髪になったり、細胞へのストレスが白髪を招いてしまうのです。

 

遺伝の可能性もあります。

 

よって白髪は抜くと増えるというのは嘘と言えます。

 

しかし白髪も白くはあるけれど一応髪の毛ですから、抜くと髪の毛の量は減ってしまいます。だから抜かないほうが良いという風に言われているのです。

 

30代から始める女性用育毛剤

白髪は40代くらいから急激に増える人が多いです。白髪はメラノサイトがなくなることでできてしまいます。

 

メラノサイトの働きをよくすることが白髪予防で重要となります。

 

最近、白髪に効果的な成分の研究が進んでいるとのことです。

 

研究結果でビール酵母のサンショウエキスなどが白髪改善に効果的であると発表されました。

 

まだまだ途上段階ですが女性用育毛剤で白髪対策似よい成分が含まれるのもそう、遠くはないのかもしれません。

 

どのみち、40代から急激に髪の状態が悪くなる女性が多いので、早い段階から女性用育毛剤などでケアしておくとよいでしょう。

 

もちろん、生活習慣を正すことをベースに。

関連ページ

薄毛治療のためクリニックに通う場合どれくらいの費用が必要?
シャンプーを見直したり、育毛剤を使用しても一向に薄毛や抜け毛が改善されないという方はクリニックに足を運んでみることも一つです。その場合どれぐらいの費用が必要になるのかがネックですよね。
発毛サロンとクリニックの違いは?
女性の薄毛の悩みは年々増えてきています。それと同時に女性の薄毛の悩みを解消する製品やサロンも増えてきています。こちらでは発毛サロンとクリニックの違いについてまとめています。
白髪になりやすい人の特徴と黒髪を保つために何に気をつけるべきか?
黒くコシノある髪の毛は若さの象徴ともいえますが人によっては若くして白髪が多い方もいます。白髪になりやすい人の特徴と黒髪を保つためにどうすればよいのか。こちらにまとめています。
遺伝で髪の毛が少ない場合、髪の毛を増やすにはどうすれば?
女性の薄毛の原因の大半は、ストレスなどによる女性ホルモンの乱れからくるものですが、中には遺伝的なものもあるでしょう。果たして遺伝的なものだと、髪の毛を増やすことは難しいのでしょうか?
育毛に良いサプリメントはどのような成分が配合されているのか
女性も薄毛や抜け毛に悩む方が増えてきています。そして、今女性用の育毛剤や、シャンプー、サプリメントまで多くの会社が販売するようになりました。育毛に良いサプリメントとはどのような成分が配合されているのでしょうか?
フケが増える原因
男性女性問わず頭皮からフケが出ている人を見ると少し清潔感に欠いた印象をもってしまうものです。フケが増える原因を知り日頃から対策をおこなうことが大切です。