MENU

30代女性に多い薄毛・抜け毛の特徴

30代女性に多い薄毛・抜け毛の特徴ですが主に3つ上げることが出来ます。

 

一つ目は女性ホルモン分泌量の低下が考えられます。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性らしい身体を作ったり、生殖機能を司っていて、卵巣から分泌されています。

 

肌や頭皮の若々しさを維持する働きもあるので、髪の毛の成長を促して髪の毛の寿命を伸ばしてくれます。

 

20代がピークのエストロゲンの分泌量ですが、30代になってくるとエストロゲンの分泌量が低下してきます。このことによって薄毛や抜け毛の症状が出てきてしまうのです。

 

二つ目は出産による分娩後脱毛症です。
出産後の薄毛や抜け毛にもエストロゲンが関係しています。妊娠している最中はエストロゲンなどのホルモン量が通常よりも増えています。出産したあとは元の量に減少するので、もっと前に抜けるべきだった髪の毛も一気に抜けてしまいます。

 

三つ目はストレスやダイエットのし過ぎによる栄養不足です。
ストレスを強く受けると自律神経のバランスが崩れてしまいます。卵胞刺激ホルモンの量が低下し、エストロゲンの量も減ってしまいます。過度なダイエットなどで栄養のバランスが崩れると代謝機能が低下してしまい、エストロゲンを作るための栄養分も不足してしまいます。

女性ホルモン分泌量低下による薄毛・抜け毛の対策

女性ホルモン分泌量低下による薄毛・抜け毛の対策方法ですが、まずは身体を温めることが重要です。
真夏でもシャワーだけで済まさないで湯船につかるなど、なるべく身体を冷やさないように温めて生活をすると、血行が促進されてエストロゲンの分泌も活発化します。

 

夏だからといって冷たい飲み物ばかり飲まずに、温かい飲み物を意識的に摂取することも大切です。クーラーの効いた部屋にいる場合は、腹巻きなどを活用して内臓を冷やさないようにすることもおすすめです。

 

また、睡眠をしっかりととることも重要です。

 

睡眠不足に陥ってしまうと、卵巣の働きは低下してしまいます。卵巣の働きが低下すれば、エストロゲンの分泌も弱まってしまいます。

 

質の良い睡眠を摂取することができるように対策を心がけるようにしましょう。

 

つぎにイソフラボンを摂取することも大切です。

 

30代に入ると誰でもエストロゲンの分泌量は減ってしまいます。減った分は外から摂取して補ってあげる必要があります。大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似たような働きをもっていますので、意識的にイソフラボンを摂取することが大切です。

 

大豆製品、豆腐、豆乳、味噌などにイソフラボンは多いので積極的に食べるようにしましょう。

分娩後脱毛症による薄毛・抜け毛の対策

分娩後脱毛症による薄毛・抜け毛の対策方法ですが、出産後に髪の毛が大量に抜けてもそこまで気にしないでも大丈夫です。

 

ほとんどの人は出産後のこの状況は一時的なもので、個人差はあるものの出産してからしばらく時間が経てば元の髪の毛の量に戻ってくることが多いです。

 

出産後に薄毛になったり抜け毛が増えてしまうのも、エストロゲンの減少が原因です。

 

妊娠中は普段よりもエストロゲンの分泌量が増えていたので、本来であればとっくに抜ける予定だった髪の毛もそのままになっているので、出産してエストロゲンの量が減少して元に戻ると、そのときに本来であれば抜けていた毛が一気になくなっていくため、一時的に抜け毛が増えてしまったり薄毛になってしまうのです。

 

エストロゲンの分泌が足りない分をイソフラボンから補ったり、身体を温めて血行をよくするように心がけたり、食生活を見直したり、赤ちゃんが小さいときは一番難しいのですが質の高い睡眠を摂取することが出来るように対策をすることをおすすめします。

 

出産してしばらく経っても症状がよくならない場合は、心配であればお医者さんに相談することもおすすめします。

 

エストロゲンの減少以外の原因の可能性があります。

ストレスやダイエットのし過ぎによる薄毛・抜け毛の対策

ストレスやダイエットのし過ぎによる薄毛・抜け毛の対策方法ですが、現代の社会でまったくストレスを受けずに生活をすることは難しいのですが、過度なストレスは症状を悪化させてしまうので注意が必要です。

 

ダイエットのし過ぎで抜け毛が多くなったり薄毛が進行してしまう人は、育毛に必要な栄養素を意識的に摂取するようにしましょう。

 

髪の毛を保つために欠かせない栄養素は、タンパク質、亜鉛、鉄分、ビタミンEです。

 

髪の毛を作っているのはケラチンというタンパク質です。

 

18種類のアミノ酸から作られています。

 

タンパク質は大豆製品、鶏肉、乳製品、まぐろ、白身魚などから摂取することをおすすめします。鉄分は髪の毛に栄養を運ぶ血液を作ってくれるので不足しないようにすることが大切です。

 

レバー、ほうれんそう、牛肉、干しエビなどに多く含まれています。

 

亜鉛はタンパク質を髪の毛の主成分のケラチンに変える働きをもっています。

 

髪の毛を作っている毛母細胞を活性化させる働きもあるので、欠かせない成分になります。

 

ナッツ類、豚肉、いわし、牛肉などに多く含まれています。

 

ビタミンEは女性ホルモンの分泌をスムーズにしてくれます。頭皮の血行を良くする働きもあります。

 

オリーブオイル、アボカドなどに多く含まれています。

関連ページ

人気育毛剤の特徴は?
人気育毛剤の特徴について述べています。薄毛に悩む女性の育毛剤選びの参考にして頂ければ嬉しく思います。
女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが原因?
近年特に注目されているのが女性の薄毛です。その原因には実に様々な種類がありますが、ホルモンバランスの乱れもその一因となり得ます。正しい知識を得、対策すれば女性の薄毛は改善できます。
30代の薄毛は治りますか?
30代女性の薄毛は治るのでしょうか?というか治ってもらわないと困るものです。だって髪は女の命ですからね。
薄毛のタイプ別女性用育毛剤の選び方
近年は女性であっても薄毛で悩まされている方が増えてきていますが、男性のように対処法がはっきりしているわけではない為、それぞれのタイプに合った女性用の育毛剤を選ばなければなりません。
育毛ケアをしたいけれども育毛剤は独特の臭いがしませんか?
育毛剤を使うと独特の臭いがするから嫌という方が結構いらっしゃいます。なぜ育毛剤が臭うのかきになりますね。
デルメッドヘアエッセンスを使用してみた私の体験レビュー
三省製薬の薬用育毛成分CTP配合デルメッドヘアエッセンスが気になったので実際に使用し体験談をまとめています。
マイナチュレ育毛剤を使ってみた私の体験談
女性用育毛剤はどれがいいのかとネットで検索した時に必ずといってよいほどおすすめされているのがマイナチュレ育毛剤です。モンドセレクション金賞を連続受賞していたりとかなり信頼できそうですが、実際使った効果などはどうなのでしょうか?